上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
サラリーマン時代にお世話になった静岡農試の宮田先生(現在は県庁にいらっしゃる)が昨年に続いて今年も来店していただきました(^-^)

またもやお土産を頂いてしまいました♪
凄く嬉しいです。
DSC_0568trim.jpg

宮田先生はここにあるように、静岡初のオリジナル酒米育成品種の誉富士を育成されました。
酒米の最高品種「山田錦」の突然変異を選抜し、背丈が低く、タンパク含量が低く、心白の形状が良いのが誉富士です。(リンク先の受け売り

私が一緒にお仕事をさせていただいたのは、タンパク含量を測定する装置を担当してました。
少量(10g位)や米1粒のタンパク測定をする装置を開発してました。

僕は誉富士が世に出る前に退社&就農してしまったのですが、二年前に別ルートで再会できました(^_^)

昨年も誉富士のお酒をいただいて、あまりの美味しさに感動したのですが、
今年もじっくりじっくり頂きます。

DSC_0574.jpg
あ?楽しみ

誉富士ですよ。

見かけたら是非お試しください!
静岡市の伊勢丹、松坂屋で買えるらしいです。
浜松ではどこで買えるんだっけ・・(備忘録)
片山酒店
入野酒店
スポンサーサイト
2010.09.04 / Top↑
強引に連日、記事を書いてみます。いつまで続くかな

DSCN2712.jpg
もう一年前の話ですが、母屋の耐震補強をやりました。

静岡県の実施してくれる無料耐震診断をお願いした結果、
母屋(木造築40年位)の耐震強度は0.2

ちなみに、想定される東海地震に必要な耐震強度は1.0
倒壊を免れる為に必要な耐震強度は0.7

従って、何もしないとペチャンコです(泣)

そこで、色々検討した結果、母屋に取り付けたのは

減震くん

写真の装置です。これを8つ取り付けました。

工事費用は最初400万位掛かると聞いていたのですが、減震くんにしたことで半額以下でできました。
何よりのメリットは、壁を増やしたり、窓を減らしたりしなくても耐震補強ができた事。

昔の家って、縁側があってそこに大きな窓があって、外壁には多くに開け閉めできる窓がついていて、広めの和室があって襖を取り外すと法事ができたりするでしょ。
これだと柱しかないので耐震性が弱い弱い。
棒だけで支えているからね。

減震くんは、揺れをショックアブソーバーで吸収するので、耐震壁とか、斜めの柱とかの構造物を増やさなくても耐震性を向上させられるらしい。
ガチガチに固めるのではなくて、いなす感じかな。

耐震補強をお考えの方には選択肢として紹介しておきます。

2010.07.15 / Top↑



やばい・・ツボったwww
タコ遊興旦那に見せたくなったw
2009.11.22 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。