上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと!豊水の剪定が終わりました(T_T)

昨年に遅れること10日。非常にまずい(汗)
おまけにまだ桃の剪定をやってない(泣)

梅はもう咲いてるし、さすがに桃はやらないと花が咲いてしまう

今年はおばあちゃんの介護と葬式があったりしたので遅れるのは覚悟していたけど、さすがに気持ちは焦る

あせってもしょうがないので、優先順位をつけてひたすら進めるしかないのだけどね。
とりあえず明日からパートさんの仕事を増やすことにした。
少しでも遅れを取り戻さないと。

ところで、昨年から花粉症デビューしてしまいました。
去年はマスクとゴーグルでどうにか乗り切りましたが、今年はもう無理(^^;
花粉症歴の長い神さんに「とっとと医者に行ったほうが良いよ」とアドバイスをもらい、今週から薬を飲んでます。
この薬が良く効いてくれたのか、飲み始めてからはウソのように症状が止まりました。

でも一緒にとまった物もある気がするんだよね(^^;

全体的に感覚が鈍いのよ。頭がすこしボーっとする。
においもあまりしない感じ。
とにかく朝からやたら眠いzzz
スポンサーサイト
2006.02.22 / Top↑
今日は朝から雨でした。
そこで前々から考えていたジュース加工とジャムを作ってもらう為に長野県飯田まで行って来た。
片道120キロ、3時間の道のり。ホビオにミカンと梨を積めるだけ積んで出発!ホビオに乗るくらいだから大した量じゃないんだけど・・

もちろん前日までに何度か電話でやりとりをしておいた。

言った先は「小池手造り農産加工所

僕の思惑としては二つ

青島ミカンのジュース
 通常ミカンジュースというと、皮のまま機械でしぼって作る。
皮がついているのでどうしても苦味が入ってしまう。
香りは良いんだけど、ミカンを直接食べる味とはやはり違ってしまう。
昔はお袋が作ってくれて、ビンに詰めて夏によく飲んだ。やはりあの味を出したい。という事で皮むきジュースを造ってもらえる所を選んだ。

愛宕梨のジャム
 まぁ、これはとりあえずやってみましょうという感じ。
愛宕のゼリーは今でも作ってるのだけど(委託で)、他も試してみたい感じ。

小池手造り農産加工所」は現代農業に取り上げられたり、ここで作っているケチャップがどっちの料理ショーの特選素材になったりで農産加工所としては有名な所。というか、全国的にみても数少ない原料持込で加工をしてくれるところだ。全国には農産加工施設は腐るほどある。実際浜北市内にもある。だけど大抵JAが管理してたり、補助金もらって作っていたりで部外者は相手にしてくれないのが現状。稼働率も当然ものすごく低いと思う。
正直他に選択肢は無いんだよね(^^;伊豆にも一軒やってくれる所があるみたいだったけど、まだ飯田の方が近い(笑)

さて、この加工所、現代農業なんかを読んでも、電話で問い合わせても小量ロットでも大歓迎!自立する農家を応援する!とかうたってる。
それでも「どの程度の量なら良いの?」「いつ頃に持っていくのがそちらの都合が良いの?」なんて聞いても『なんでもOK』みたいなノリだった。
ところがどっこい!行って見ればなんてことはない。『みかんはできれば一月にしてほしかった。それだけの為にジュースのラインを変更するのは大変なんだ』だの『もう少し量がないとこちらも商売にならない』だの黙って聞いていれば呆れる話だ。あまりに頭に来たのでやり込めてしまいましたよ、社長さんから『ゴメン』と言うまで(汗)ちょっと大人げなかったかな(少し反省)

何のために事前にやりとりしたのさ!?
挙句にこちらに来てもらわないと商談できないような事を言い出すし・・
旗色が悪くなってきたからか、「最近は梨はダメだねぇ?」みたいな事を言い出すし、失礼極まりない。悪いがとても誠実性は感じられなかったぞ>社長(怒)

農産加工のカリスマとか、どっちの料理ショーだかしらんが、かなりガッカリだ(泣)本当にこんなもんなのか?

まぁ、本当の所はできあがってきた加工品を見て判断しましょう。
今年の夏には店頭で紹介したいなぁ
2006.02.16 / Top↑
昨日は祖母の葬式でした。
86歳でした。
2月9日 AM9:05 自宅にて永眠しました

昨年の春に大腸癌の転移が見つかり、余命半年。
長くて1年と告げられていました。
覚悟はしていましたが、いざその時が来ると寂しい限りです。

本人の意向もあり、出来る限り家で診る事ができました。
何度か入退院をしましたが、
最後を家で迎える事ができたのは良かったと思います。

葬式には沢山の方が列席してくださり、とても嬉しかったです。
中には「昔おばあちゃんにカブトムシをもらったから・・・」と言って
耳にピアスをした25才位の男性もいました(母談)。
カブトムシは多分10年以上昔の話です。
我が家に梨を買いに来てくれたお客さんの息子さんじゃないか?と・・

おばあちゃんの話なら沢山武勇伝があります。

ゲートボールが上手かった事

全部自分の歯で、入れ歯が一本も無かった事
お隣のおじいちゃんも歯が良くて、毎年市で表彰されてる。
「おばあちゃんも出ればいいのに」と言うと
「年齢は向こうが上だから、一番になれないから出ない!」と言っていた。
でてれば、女性部門できっと一番だったのに・・

JAでやってくれる老人会も好きだった
昨年末12月の老人会の誕生会に暫く寝たきりだったのに歩いて行った
雪が舞っていたのでやめといたら?って言ったのに、言い出したらきかない
最後まで頑固。そこに体調を持っていくのも凄かった

お肉とカップラーメンが好きだった
亡くなる3日前位も骨付き肉を食べてたし、退院祝いに焼肉食べに行った。

旅行が大好きだった
度が過ぎて風邪を親父に隠して行って、旅先で入院なんて事もあった

おばあちゃん、楽しい思い出をありがとう。
僕の自慢のおばあちゃんでした(-人-)

DSCN1481(1).jpg
2004年1月
2006.02.13 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。