上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
既に1週間も経ってしまいましたが、先週オフ会をやりました(^^;

みかぴんさんととむさんです。


今回は我が家へ二人が来てくれました。
僕の畑だと梨の話が中心になってしまいましたが、やはり共通の話題であるミカンの話は毎度の事ながら良い刺激になりました(^^)

今年はミカンの剪定をやる時間がなかったぞぉ?(涙)と思ってましたが、
二人と話をして急にやる気モードになりました(笑)

今週はず?っとミカン畑で剪定をやってます。
いまだにミカンの剪定って良く判らないんだけどね・・
またお二人のミカン畑を見せてほしいなぁ?

スポンサーサイト
2006.04.26 / Top↑
でした
(久々に色つけてみた)

雨だと家に居るわけなんですが、今日は思いがけず旧友が突然きました(笑)

昔努めていた会社(マ○製作所)のお友達。
山本さんです。名前出しても大丈夫でしょう、きっと。

比較的近くで私と同じように農業を継いでやってるのは知っていたのですが、
もう10年近く会ってませんでした。

僕に用事が有って来たのですけど、久々にあったので楽しい半日を過ごしました。1時位に来て、5時過ぎまで居ましたww

この山本さん、今年の静岡県の献上米を作ることになったそうです。
まぁ用事はその件だったんですが・・
実現できるようになったらネタにします。

「献上米」って思ったより色々大変みたい。
まず、お金がかかる。全部で90万程かかるそうです。
そのうち自己負担が1/3。30万はかかるそうです。
何にお金がかかるのか・・
色々な作業の都度で祈祷してもらうらしいです。
あと、献上するときに使う桐の箱や袋とか、献上に行くときの燕尾服とか。
それで最終的に献上するお米の量は、1升なんだそうです。

1升ですよ、1升!
その1升分のお米は厳選して持っていくらしいんです。
去年献上米にあたった方は、一粒ずつ良い米を拾ったらしいです。
(さぁ、ここまでで察しがいい人は判るかな?)

いずれにせよ、献上米ができるということは名誉な事だと思うし、
お金の問題では無いと思うけどね。

献上米の話以外にも、最近の農薬についての話やら肥料の話やらミカンも作っているのでミカンの話とか、近況やら話題はなかなか尽きずに半日があっというまに過ぎました。
2006.04.12 / Top↑
もう昨日の事ですが、中日新聞(静岡版)の一面に我が家の梨園が載りました。

これです。


DVC00033-2.jpg
一昨日の午前中、「すみませぇ?ん」って感じで突然記者さんが畑に現れました(笑)
授粉作業の写真をとらせてほしいとの事。まぁ断る理由も無いので、快くOKしたんですが、思ったよりも注文が多い(^^;
「もう少し前に来て」
「もう一歩前に・・」
「いいよぉ?いいかんじ!」
ってな具合で30分位はかかったかなww

撮影後は色々記事にするネタの為に聞かれたんだけど、
「どのくらいの面積(何坪)をつくってるんですか?」
『・・・坪かぁ?。坪って3.3m^2ですよね。1反が33m*33m位だから・・(以下略)』
「何本くらい梨の木があるんですか?」
『・・・本数ですか?う?ん(^^;』
てな具合で普段考えない質問を受けて戸惑う戸惑うww

この日授粉したのは”豊水”でした。
DVC00032.jpg
<4/6撮影 豊水>
豊水の花はこんな感じ。
おしべの葯がまだ赤いうちでないと上手く授粉してくれない品種です。
めしべの柱頭がシャキッとしている時間がものすごく短い感じ。
天気が良いといい状態は2?3時間しか無いかも(^^;
まぁ、そんなタイミングでの30分の作業中断は「もったいなかった感」たっぷりだったんですけど、一面にのったし、カラーだったし、「まぁっいっか」(笑)
豊水の授粉は昨日(7日)で無事終了!

DVC00029.jpg
<4/6撮影 幸水>
露地の幸水も6日に開花しました。さぁ、一番面積のある露地幸水!
もうひと踏ん張り!
2006.04.08 / Top↑
31日の夜(1日の朝)は徹夜でハウス内の温度と練炭の見張りをしました。
その後遺症で今日は10時間睡眠。
ちょうど雨だったので、いいお休みでしたね。

寒波は予報より思ったよりも気温が下がらず、どうにか乗り切った感じでした。
寒さの影響がでるかは受粉が終わって実がついてみないとわからないけど・・。

今回の寒波で、寒さに対して色々勉強しました。
霜が降りる条件とか、寒さに対する抵抗性とか・・

簡単に整理すると、
・気温低下による害は、低温そのもと、霜によるものの二つがあり、分けて考えたほうが良い。
・霜は風、雲の有無、気温、土壌水分が影響する。
・霜の害を防ぐ方法として防霜ファンで風を送る方法があるが、これは無風(微風)状態で気温が下がってくると、地上と4,5m上では気温の逆転現象が発生しグランドゼロで0度でも4,5m上では数度気温が高い。このため5,6m上から風を送る事で霜を防ぐ。気温が下がりすぎる(?3℃以下)では効果がない。
・梨は低温では、-1℃程度までならどのステージでも大丈夫。

以上を考慮すると、露地とハウスでは対策が異なる。
露地での脅威はやはり霜の害。低温でやられるよりも高い温度(3度位から)でも発生する可能性がある。
今回は風が止まらなかったおかげで大丈夫だった。

ハウスの場合、上部をビニールで覆っているので霜の心配はない。
心配なのは低温の方。風の恩恵をうけられないので、地上面と上空の温度逆転現象が発生してしまう。よって、ハウスのサイドを開けたりして空気を循環させても露地よりも気温が下がりやすい。
したがって、ハウスの場合は中で加温してやる必要がある。
また、日中にハウス内の温度を上昇させることができるので、晴天ならば日中に潅水をして地温上昇をはかる事もできる(と思う)今回は31日が晴天だったので午前中に潅水して上手く行った(と思う)。

まぁ、まとめるとこんな感じかな(^^;
寒波が来ないのが一番なんだけどね。

今日は飲み会でした。
昔の上司達&そのお友達と、浜松の田町にある「じねん」という高めの居酒屋へ。昔の上司はこの春から北海道へ転勤だそうです。うらやましい
一人7000円程。でも美味しかったなぁ?。日本酒&魚系が好きな方にはいいお店。メニューに値段が書いてないのが気になると言えば気になるんだけどね。

帰りに「べんがら横丁」でラーメンを食べてきたけど、お店の名前は忘れたんだけど「くんたまラーメン」を食べてきた。燻製卵が入ってる醤油ラーメン。
正直いまいちだった。おなじ「べんがら横丁」でも前に行った「でびっと」の遠州ラーメンの方が好きだなぁ・・。
2006.04.03 / Top↑
梨は人工受粉をしないと上手く実がつきません。
自家受粉(自分の花粉で受粉する)ができないんですね。
”自己不和合性”って言います(あってるかな?)

まぁ、梨はそういう性(さが)なので花が咲き出すと花を愛でてる暇は無く、ひたすら人工受粉をするんです。

人工受粉の方法は幾つかありますが、我が家では粗花粉(花粉と葯が一緒になったままの物)を小筆でちょんちょんと一つづつ着けてます。

なし農家になって、どうにかしたい仕事No.1なのがこの受粉作業でした。
人工受粉の方法は他にも機械をつかった方法もあります。
我が家の手作業では、昔はパートさん総動員でも3反/day位しかできませんでしたが、機械を使うと一人で倍くらいできます。
実は我が家にもその機械は有るんです。
当初は何故使わないのだ!とあきれてました。

しかし、その考えを改めた理由が今回のテーマ「発芽率」です。
(長い前ふりだなぁ?ww)
機械で受粉する道具は、花粉を5倍とか10倍に薄めて、羽毛みたいなので拭きつけながらなすりつける感じで使います。
説明書きには、発芽率80%以上であれば10倍程度、50%位なら5倍、それ未満は薄めないで使用するように書いてありました(確かそんな感じ)

つまり発芽率(花粉がどの程度発芽するか)が大変重要。

で、当時さっそく調べてみました。方法は簡単に説明すると、寒天培地を作って花粉をそこに撒き、水分と温度をかけて発芽させて、顕微鏡で発芽している数をカウントするんです。

簡単そうでしょ?

それが簡単じゃなかったの(T_T)
我が家にはおもちゃみたいな顕微鏡しか無かったのでとにかく見にくい!
色々苦労しました。どうにか見えるようにはなったのだけど、1サンプル調べると頭がクラクラするんだよね・・

話がそれてしまった。
とにかく、我が家で使っている花粉の発芽率を調べてみて愕然としたわけです。
品種   発芽率
ヤーリー 5?30%
松島   20?40%
豊水   20?80%
(正確に覚えていないけどそのくらい)

80%の発芽率の豊水は、「もうこれしかない!」という位のいい状態の花を選んで摘んだ物。

まぁ、そういう訳で薄めて花粉を使うのは危ないと判断しました。
梨は全ての柱頭に受粉しないと丸くならないんです。
仮に発芽率20%程度の花粉を10倍に薄めて使えば、発芽率は2%。
柱頭1本に50個づつは花粉が付かないとダメな計算です。
発芽率80%以上なら10倍に薄めてOKという事は、10%程度の発芽率は確保しないと丸い梨ができないという事でもありますね。

今年も発芽率を確認しました。
先日のオークションで落札した顕微鏡を使いました。
昨年冷凍保存しておいた花粉の発芽率を調べておきたかったからです。
デジカメの顕微鏡なので、画面を見ながらピントを合わせてシャッターを切れば◎
H18-01-200.jpg

こんな感じですね。

本当はここまで撮れるようにするには、5日程トライ&エラーを重ねました(^^;
2006.04.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。