上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
9月も彼岸の入りになってしまいましたが、今更ながら今年の直売シーズンを振り返ってみようと思います。

(twitterと同じネタだとか言わないようにw)

2012-08-01 16.13.04
まずは直売準備から(^^)

今年は直売所前の”やぐら”にミストシャワーを取り付けました。
これはやって良かった。かなり涼しくなったと思います。
難点は、開店前の行列待ちの方が濡れちゃう事と、車をこの下に止めると水浸しになることですね。

2012-08-03 10.29.56
オープン前の選果機の準備です。
昔選果機屋に勤めていた者として、こいつを扱えないようではいけません。
この重量選果機はバケットの重量が狂わないようにするのが大事です。
要は掃除が大事(^^;

2012-08-04 11.41.07
オープン前のテスト選果の様子です。
新人さんも居ますし、何より年に1度の仕事なのでスタッフの感覚を取り戻してもらうためにも大事ですね。

2012-08-04 07.46.00
8/4にテスト収穫した幸水です。
6月の台風の被害は過去に経験の無い酷さだった事もあり、思ったよりもしっかり収穫できそうで少しほっとしました。

2012-09-06 18.57.35
今年も梨酢を販売しました。
525円/本
60本用意したのですが、9月早々に売切れてしまいました。
来年はもう少し用意できたらと思います。

余談ですが、最近「桃酢」と「梅酢」を飲むのにはまっています。
焼酎で割って飲むのですが、翌日すこぶる体調が良いんです。
お酢って良いですね♪
しかし、既に我が家の梨酢は完売してたので、梨酢で試していません。
できれば梨酢でも試してみたかったです。自分の分を取って置くんでした。

2012-08-14 11.06.39
今年は、台風の被害があったので着果数を減らしました。
更に、被害を取り返そうと色々やりました(^^)
その結果なのか一部、大玉が多くでました。
なので、今年は幸水で3キロ5玉入り(一個600g)がバンバン作れました。
多分こんな年はもう無いだろうと思います。
ここまで大きいのは、狙って作らないからです。

2012-08-21 18.46.08
台風被害かそれ以上に今年困ったのがカメムシの被害でした。
収穫が始まってどんどん明らかになるカメムシの被害。

特に収穫中でも被害は進行する一方でした。
黄色ランプと薬剤散布で対抗していましたが、ランプを設置後で一番酷い被害でした。

そこで、今年試したのが写真のカメムシ退治装置です。

紫外線ランプをネットで覆い、ネットには濃い殺虫剤は掛けてあります。
おびき寄せられたカメムシ等の虫を一気に退治できます。

今年は次から次へとトラブルだらけでしたが、兎に角勉強になりました。

2012-08-12 07.32.19
そういえば、朝の収穫時にセミの羽化を今年は沢山見ました。
子供の頃、親父に連れられて夜中にセミの羽化を見に行った思い出があります。
なのでセミの羽化は明け方には終わっているものだと思っていました。
実際あまり見かけませんでしたから。
でも、今年は数回目撃しました。

2012-08-12 07.32.38
長男「セミの羽化を観察中」の図

今年は6年と4年の息子達が夏休み中、ほぼ毎朝梨とりを手伝ってくれました。
これには本当に助かりました♪
いつまでもは無理だと思いますが、来年も期待しちゃいそうです。

2012-09-08 09.06.59
毎年恒例の保育園児梨狩りご招待をやりました。

豊水の一番美味しい時期を狙って、毎年開催です。6年の息子が保育園に入った年からやっているので、
もう10年目かも?

子供達が来る数日前に草をキレイに刈っておきます。

梨畑は見通せるので小さい子が走って遊ぶには良いですよ♪
セミの抜け殻とかも沢山あるし。

でも以前よりおとなしくなったかな(^^;
遠慮してるのかもしれないな・・。

2012-09-10 11.11.32
子供の写った写真は自粛しているので、帰りのバスを1枚。

この機関車バスでうちの子供達も色々つれていってもらいました。

2012-09-13 08.00.36
一気に飛んで、豊水の収穫がほぼ終わった時です(笑)

梨の収穫はあと数日残っていますが、今年は前年の8割の収穫量でした。
あの6月の台風と塩害を思えば上等だと思います。

そろそろ頭は来年の事を考え始めています。

トラブルの本当に多い年でしたが、今までになく勉強にもなりました。
来年以降に生かしたいですね。
スポンサーサイト
2012.09.19 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。