上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
梨の子持ち花取りが終了した。
「子持ち花」って言うのは、葉っぱになるハズの所に花もついちゃった奴です。大きい実になるんだけど、美味しくならないので全部取っちゃいます。
昨年から子持ち花の見分け方を教えてもらったので、受粉作業が終わってからすぐにこの作業に入れるようになりました。
今までは摘果の時に一緒にとっていたので、摘果ができる頃、つまりある程度実が大きくならないと作業ができなかったのだけど、子持ち花だけ取ることを覚えたので、どんどん作業を進める事ができます。
来週から摘果開始です。
摘果も子持ち花取りもお袋とパートさんでやってます。

芽欠き
僕はこの時期、ひとり芽欠き作業。
要らない芽を間引いていきます。主枝、亜主枝の上から出る芽は太くなるだけで将来使わないし、養分の無駄なので大きくなる前に取ります。
あと、1箇所から沢山芽が吹いている所も適当に減らして、来年良い枝になってくれるように間引きます。
この作業も昨年からまじめに始めました。
これをやっておかないと来年用の良い枝が取れないんだと、1年やってみてよくよく判りました。

萎縮症という病気がどんどん増えているのが気になります。
萎縮症は原因も治療法もはっきりしていない厄介な奴。
昨年末から、剪定作業でもしかしてうつっているのかもしれないと思い、花卉を栽培している人がハサミを消毒するのに使う第三燐酸ソーダ水溶液で剪定ハサミとノコギリを消毒しながら剪定してみたんですが、効果が無かった感じ。とにかくもっと観察して、どうやって病気になるのか解明しないと・・。一番の頭痛の種。このペースで広がってくと梨畑全滅しちゃうんじゃないかって気になる。

足のとげ
おととい刺さった足のとげ。今朝まだ刺さっている感じがして、再度嫁に刺抜きチャレンジをお願い。
またもやぐりぐりとやってもらい(^^;;、暫く格闘の末、無事とげが取れたっ!!
僕「でかした!!でも、なんか、かなり痛かったんだけど・・」
嫁「うん、血がにじんで来たから、これは開通したと思ってがんばった!」
痛いはずだよ(T T)
でも、ホントすっきりした。ありがとう>嫁
スポンサーサイト
2005.04.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/14-f71d8c03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。