上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

さて・・、年始早々パソコンが絶不調(T_T)
普段2台のPCを使ってるのだけど、2台とも調子が悪い

プライベートメインのVAIOはGyaOで番組を見ようとするとアプリケーションエラーが出て勝手に再起動する・・

仕事メインのPCは、つい先程までエクスプローラーを起動しようとすると固まってしまう(T_T)
Acronics True Imageで徐々に昔に戻して、SAFEモードで再起動を繰り返してやっとまともに動くようになったよ
このパソコンはそろそろ買い換えたいなぁ?



ところで、今NEWS23で筑紫てつやと養老たけしが対談してる。
現代の日本は”脳化社会”。頭で考えて感覚を重視しない社会になっている・・
なんて話かしら。

なんとなく妙に納得してしまった。

「農家になって会社員のときと比べてどう?」という質問をたまにされる。

大抵
・会社員のときより儲からない
・自分で全部責任を負わないといけない
・人間関係のストレスは少ない
そんな事を答えていた。

それらも決して嘘ではないのだけど、いまいち上手い表現方法がないなぁ?と
思っていたんだよね。

”農業”の部分を説明できていない

今日のNEWS23はその問いの答えを考える上で良いヒントになった。

農業は”感覚”のままでも良い仕事

会社員だったときの僕の仕事は「説明」する必要が沢山あった。
最初”感覚”でオカシイとか、これはイケルと思ったことをいかに形にして他人に説明するか・・それが重要だったと思う。
それが出来ないと先に進めなかった。

農業の場合、
”なんとなくこの木は調子が悪いなぁ”
”これをやったら葉っぱの調子が良いなぁ”
”この方法だと味がいい気がするなぁ”
それでも全然OK(笑)

というか殆どそんな時ばかり。

はじめの頃はお陰で全然わからない事だらけだったけど、最近はそういう”なんとなく”の感じが実は重要なんだと思ってる。

データとか数字が大事なのは重々身に染みているし、軽視するわけでは決してないのだけど、自分の目や耳、匂い、味、肌で感じる感覚情報を重要視してできるのが農業なんだと思う。

そういう所、”自分の感覚”を信じて出来る仕事っていうのが農業の面白さかな

てな事を書いていたらNews23は終わってしまった(^^;

年始一発目の内容としては重い・┗(-_-;)┛オ・・オモイ…
もう少し軽い話題を今度は考えよう!
スポンサーサイト
2006.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/156-552e9919

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。