上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、今日と弟夫婦が帰省してました。

弟「お兄さん、最近ブログ更新してないね。」
僕「・・・・・・(^^;」

さて、最近の梨の仕事です。

お袋&パートさんは梨の一次摘果です。

F1000083kosui.jpg
摘果前はこんな感じ。
うちは手受粉で丁度良い場所の花(3番花?5番花)を狙って二個受粉してます。上手く行くと写真のような感じになります。
大きい実が二つわかるよね(^^)
花粉が風でついたり、みつばちが付けたりもするので二個だけ残る事はなかなか有りませんが、手受粉した実は判り易いと思います。
全く受粉できなかった花は勝手に落ちてくれます。

F1000080kosuiafter.jpg
そんでもって、一次摘果が済んだ所はこんな感じになります。

今の僕の仕事は、梨の芽欠きです。
本来梨は上に上に大きくなりたい性質なんですけど、効率よく美味しい梨を沢山作る為に昔の人が棚作りを考え出しました。
棚の方が光合成を行う効率が良いんでしょう。
でも・・・上に伸びたい性格をそのまま放置すると色々困る訳です。
そこで厄介な枝は芽の内に取ってしまいます。それが芽欠きです。
F1000081before.jpg
写真は芽欠き前の状態。太い枝の上から芽がでてるでしょ。これを放置しておくとあっという間に大きくなってしまうんです。


F1000082after.jpg
で、芽欠きをするとこんな感じ。
上から出ていた芽と、他の芽も整理しました。

このまま大きくなっていくと、どの枝が来年使えるかな・・・
と想像しながら作業します。

また、芽の出ている量で芽欠きの量も加減してます。
毎度の事だけど、加減の具合が試行錯誤ですね。

と、まぁそんな感じの仕事をしてます。
判ったかな?>弟君(笑)
スポンサーサイト
2007.05.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/259-b1a86270

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。