上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ここ数日梨のネットを張っている。
今年は3箇所の畑でサイド用のネットを新調した。
20050529220250s.jpg
こんな感じで、ネットを張っているのだ。
僕の手順はこう。
1)ネットを適当に配置する
2)端からインシュロック(結束バンド)で仮止めしていく
3)細い丈夫な紐で編むように留めていく
4)途中の段(1m置きに針金を入れてある)をインシュロックで50cm間隔に留めていく

20050529220306s.jpg
こいつがインシュロック(結束バンド)。

本当は電気配線などで電線を固定したりする奴。
黒いタイプは紫外線に強い屋外用。

写真のは150mmのタイプで100本で350円位。
100mmタイプ180円位も沢山使う。

去年からネット張りや、ネットの補修に多用している。
簡単だし、安いしお勧めだよ。

ネットを張る目的は、
・防鳥 主にカラス
・防風 台風の時などは効果大
・防虫 カメムシなどの侵入を防ぐ

多目的防災ネットって専門的には言う。
この辺の梨農家ではポピュラーなやり方だけど、所変われば全然やらない産地もあるね。

あと、ネットを張ると大抵は袋を果実にかけない場合が多いのだけど、我が家はできる限り袋を掛けている。
仕上がりが綺麗になるし、農薬が直接かからないし、虫の害も少なくなる。あと、収穫時間が大幅に短縮できる。
袋の事はまた書こうかな
スポンサーサイト
2005.05.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/38-8a29ad39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。