上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
作業マニュアル
これを作る、というか考えるのが今年のテーマです。

きっかけは人件費の削減(^^;

今回はまじめなお話ね。

正直なところ、我が家は経営面積から考えて初心者の僕とお袋の二人では絶対的な人工が足りません。
よって、パートさん等の人件費が馬鹿になりません。

例えば・・・
ミカンの収穫に30円/kgの人件費が掛かります。
でも、農協出荷だと早生の場合、昨年の手取りは100円/kgを割り込みました。
そりゃたまりませんよ!

愚痴はこの辺で、本題にいきます。

そこで考えたのが作業内容の効率化を計る事。
その実現方法として考えたのが、作業マニュアル

今年の梨の剪定作業から始まり、梨の摘蕾、摘花、受粉、一次摘果とマニュアル化してきました。

それで、今日から「仕上げ摘果」開始です。

お袋曰く、「仕上げ摘果は難しいから無理」と・・
やり方をお袋から聞き出すこと二時間。
こういう時はこうする。ああいう時はこうする。でもこういう時はこうする・・・。延々と続くのですよ、これが(汗
はっきり言って半分切れ気味です(お互い)。忍耐も大事さ。

僕:それでさ、まとめるとどういうことよ?
母:だから、こういう時はこう!ああいう時はこう!
僕:じゃなくってさ。基本とか、考え方とかあるんじゃないの?
母:・・・・だから、こういう時はこう!ああいう時はこう!
(中略 2時間)
僕:わかった!わかった!もういいよ。そんじゃさ、それって単純に大きい順に残せって事じゃないの?
母:あっ!・・・・そうだねぇ?

という具合でマニュアル化していきます。
今回もこれを柱にマニュアル化しました。



正確な言い回しとか、誰の言葉とかわかりませんが、

科学は、神様がやっているチェスを横から見ていて、そのルールを読み取る事だ

という話が僕は好きです。

昔サラリーマンだったときに、プログラマーの方と話をしたり、仕事をする事が多くありました。

その中で、ある事を実現するのに、一番シンプルに記述できるのが良いプログラムだと聞きました。僕もそう思います。

例えば、
「1から10の2つの整数の掛け算をするプログラムを作りなさい」
といった時に、(そんな事無いけど)

A:考えられれるすべての組み合わせの式と答えをプログラムする

B:Y=X1*X2 Y,X1,X2は整数。という演算式にする。

Aにする奴なんか居るわけ無いじゃん!と思うでしょ、普通。
でも、僕の母親が一生懸命説明してたのはAなんですよ。

今までパートさんに仕事を教えていたのはAタイプなんです。
マニュアル化するという事は、Bタイプを考える事。

Aで説明して、期待通りの結果を出せる人もなかには居ます。
そういう人は、1言って10わかるタイプの人。
はっきり言ってそんなに居ません、そんな人(^^;

でも、教える側は「やっぱパートはだめだな」って言うんだよね。

作業マニュアルを作るという事はそういう事だと思います。
(どういう事よ?って言わないでね)

今のところ効果は絶大ですね。
人件費を15%以上昨年比で減らせています。
それでいて、去年やっていないミカンの間伐もやってます。
内容にも今年は満足できてます。



昔、上司に「マニュアルを作れ!」「自分だけしかできない仕事にするな!」と散々言われましたが、今ならその意味が骨身に染みてわかります。
とても感謝感謝です。
スポンサーサイト
2005.06.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/48-c984b1ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。