上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2012-06-21 11.03.06

6月19日の夜、台風4号がお隣の豊橋市に上陸。
浜北は台風の進路の南側となり、南からの暴風雨の被害を受けました。

台風が南側にそれてくれると大した事ないんですが、北側を通るとたまりません(泣)
風も雨も強く、暴風強風にさらされる時間も長くなります。
梨の被害は葉がぼろぼろになったり、枝が折れたりします。

今回の台風4号はおまけに塩害が発生しました。

南からの暴風雨で海水を含んだ、つまり塩分を含んだ雨が降りました。
その結果、塩分による濃度傷害を起こしてしまいます。
人間でいうと薬品による火傷みたいな感じです。

2012-06-21 11.17.10
塩害で葉がこの様に黒くなってしまいました。

2012-06-21 11.02.11
こちらは一枝塩害で焼けちゃってます。

2012-06-21 11.14.29
別の畑でも塩害で焼けてました。

塩害の対策として、早急に水で洗い流す事が有用のようです。

翌朝(20日朝)、昼過ぎまでスプリンクラーとSSフル稼働で水を駆け回りました。
掛ける前は葉っぱを舐めてみると塩辛い味がしました。
 スプリンクラーは40分~1時間
 SSは700L/反程
散水後に再度葉っぱを舐めてみると、塩辛さはほぼなくなっていました。

しかし、今日(21日)には写真の様に塩害として葉が黒く変色を始めました。

それでも近隣の街路樹、特に桜などは南側半分の葉が真っ黒になっています。
それに比べれば散水したのは効果があったのかもしれません。

とは言え、天井も細かいネットで覆ってあった畑は被害が少ない様に見えます。
(他所の畑なので、隣の畑は良く見えるのかも・・w)

また、散水しなかったという畑も見せてもらいましたが、多少ひどいかな・・と
いった程度の違いに見えました。

つまり、一旦乾いてしまったのが悪かったのでは無いかと思います。
翌朝からの散水も無駄ではなかったと思いたいのですがね・・(^^;

では、乾く前に散水が可能であったか?
19日夜中~20日未明まで停電していました。

農業用水は電気の水ポンプとコンプレッサーによる圧縮空気の力で出る仕組みです。

停電すると農業用水はすぐ出なくなります。

今回は色々教訓になりました。
改めて台風は怖いです。

お茶を作っている知人は残りの二番茶の刈り取りをあきらめたそうです。
私よりもずっと先輩なのですが、こんな事は初めてだそうです。

梨は収穫までまだ1ヶ月半あります。
できることをやれるだけやって挽回したいです。

去年の秋台風がひどすぎたので、それに比べればまだまだ行けますよ(^^)v
スポンサーサイト
2012.06.21 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/571-f83d2c07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。