上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
梨の収穫が始まる直前からお礼肥えを畑にまきます。

礼肥(れいごえ)は15袋/反、我が家ではまきます。
使用している肥料は「全有機」と袋には書いてありますが、有機配合肥料ですね。80%有機質です。
材料は魚粕とか米糠とか動物性由来のほにゃららとか書いてあります。(ちょっとさすがに暗記はしてないです)リン酸分が有機で無いものが入っていますが、かなり匂います。

で、この礼肥散布。15袋/反というと、我が家では160袋もまくのです(@_@;)
お値段もさることながら、まく作業がとにかく大変!!
就農した初年度は、夏休みに帰ってきた弟と母親と3人で背負って撒きました
一袋20Kgを背負うタイプの散布器に入れてまきました。
今考えても信じられん作業です。

さすがにこの仕事は今年で3回目。色々改善?を加え、14日にまきおえました。今では一人作業です。

V6010215.jpg
フォークリフトで肥料を軽トラに積んで運びます。

V6010216.jpg
それでもって、撒きたいところまでバッテリーカーで運んでいって、写真の歩行型の肥料散布器に入れて撒きます。

ポイントは、物を動かす時に人力を使わない事。これで作業はかなり改善されました。時間もかからないし。
今思えば、背負って散布するなんて、なんと無駄な作業をしてたんだ!と思うのですが、これは草生栽培にしているからできる作業なんです(たぶん)。親父の頃は収穫前に除草の為、トラクターでおこしてありました。トラクターでおこすと歩行型の肥料散布器は土に車輪をとられて重くて使えなかったんですね。

草生栽培にして丸2年。肥料は上から撒くだけですし全然おこしませんが特に問題は無い感じです。むしろ排水性は良くなったし、作業性は良いし、全体的には良かったのかなと今は思います。

大分楽にできるようになった礼肥散布ですが、それでも重労働です(^^;
先日の体重
 朝68キロ→肥料散布後65.4キロ

たった3時間の作業で2.6キロ減!

ダイエットしたい方に是非お薦めですよ。
幸水の礼肥散布は終わりましたが、まだ豊水と愛宕の分が沢山有ります。
スポンサーサイト
2005.08.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nasiyasan.blog8.fc2.com/tb.php/97-93e04a30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。